FC2ブログ

吾郎さんの舞台。

5月24日に見た、吾郎さんの舞台について。

時間を確かめずに行ってしまったんだけど、
第1幕80分、休憩15分、第2幕70分 の2時間45分です。
でも、そんなに長くは感じなかったな~。あっという間でした。

感想とか書くの、すっごく苦手でまとまり悪いんですが…^^;
良かったらどうぞ。
ネタバレになりますので、これから行かれる方など、気をつけてくださいね。




一言で言うなら、楽しかった!!です。

大体のあらすじを言うと…。

パーカー(吾郎さん)が万年筆を買いにお店へ。
お金がないから、5ドルで万年筆を売ってほしいと言って
そこの店員さん(デルタ)に勧められたものが、とても良くて、
ついでに(笑)恋にも落ちて、結婚することに決めたんだけど…
友達のウォーターマンが、有名な小説家の娘との縁談を持ってきて
いろいろ…地位とかお金とかに目がくらんで、
デルタがいるのに、娘(セーラー)と結婚してしまう。
2年後、セーラーのお父さん(山崎一さん)が亡くなり(亡くなった理由も面白い…)
遺言の通り、財産がパーカーの元に入って、
万年筆のおかげで小説も売れに売れて。ちょっと天狗な感じになってて。
ある時、魔法の万年筆がなくなってしまい…
もう小説書けないし、人のいない遠くに1人で行ってくるよ、と行ってしまう。
(実際は、助手と一緒)
そしたら、セーラーの弟・パイロット(河原さん)がその万年筆を持ってた。
姉弟で、この万年筆を使えば、小説が書けるわよ!って言って
パーカーに万年筆が見つかったことを言わず、パイロットが書いた小説は大売れ。
そこにパーカーが帰ってきて、弟の小説が売れてることに、やさぐれる。
チャイナタウンにすごく上手く万年筆を作る人がいるから行ってみたら?と友達に言われ
行って、作ってもらうことに。おじさんがいて、今は息子が作っているとのこと。
1週間で作ってくれる、っていうので、1週間後に行って、そこにいたのは…。
心が壊れて、男の子になってしまったデルタがいた。
1週間かけて作った万年筆を、デルタはハンマーで壊してしまう。
私の心はこんなふうにあなたに壊されてしまったんだ!って。
ショックを受けつつ帰ってみたら…。
弟が魔法の万年筆を持ってたことを、見つけてしまう。
あーだこーだしてたら、その万年筆を踏んで壊してしまって。
パーカーがいない間、別な遺言が見つかっていて、
パイロットがベストセラーを3冊書けば、パーカーにやった財産を
全部パイロットのものとする、というのがあって、
すでに2作書いてヒットさせたので、あと1冊書いて財産を入れたい!という
姉弟の野望もありつつ、弟も父親の愛情を欲しがっていたというか…。
そしたら友達が、チャイナタウンに行けば…と言ってしまったので、
姉弟、助手?が走って行くんだけど、パーカーは行けなくて。
(デルタに負い目感じてるし。)
でも、いろいろバレちゃいけないこともあるし、思い切って行くことに。
こんな壊れ方では、直すことはできないよ、と言われてしまう。
姉弟、助手は出て行ってしまう。
パーカーも反省して、離婚はして、もう小説家もやめる、とデルタに宣言。
デルタは、あれから新しい万年筆を作ってくれてて、
パーカーは新しい魔法の万年筆を手にいれることができたんだけど…
影から見ている、姉弟が…。
デルタやお父さんは、パーカーのことを許そうと思っていたのに、
パイロットが、パーカーを銃で撃ってしまい、パーカーは死んでしまう。。
実は、結婚はセーラーとしたけど、ずっとデルタのことを愛してたんだよ、パーカーは。
だから、結婚してから書いてた小説は、デルタのことを書いてたんだって。


…てな感じなんですけど。
非常にまとまっておりませんが^^;

ちょっとしんみりな感じになるのは、最後のほうだけで、
全体に笑いが織り交ぜてありました。
家にいる時みたいに笑いすぎてしまって、(手を叩いて笑っちゃう)
いけない!と思いつつ、でも楽しかったんだなぁ。


初めて、セーラーがお父さん、弟パイロットと、パーカーの家に来た時に、
弟がお調子者で、イスに座ったらお父さんが「お前はそこに座るんじゃない!」って
持ってるステッキで、河原さんの背中を思いっきり叩く叩く!
すんごいヒットしちゃって、山崎さん笑っちゃって、セリフ言いづらそうでした(笑)
で、端のほうにサルの形した置物があって「お前はそこに座ってろ!」って言われて
座るんだけど、形状からして、とても気持ちよくなってまして(笑)
真ん中ではお芝居が進んでるのに、気持ちよさそうにしてる河原さんも気になるし、みたいな。
これはアドリブっぽかったなぁ。

最初のほうでなんだけど、
パーカーがすんごく喜ぶところがあるんだけど。
その喜び方がおかしかった。ヤッターヤッターって飛びはねるんだけど
セリフでも「こんなに喜んだことないから、喜び方を知らないよ…」って。
吾郎さん、はじけてました。

お父さんが亡くなって、
(あ、理由ってのが、犬にほえられてビックリしておでこを強打して死んだの(笑))
セーラー(パーカーの奥さんね)が、スピリチュアルなんとかに傾倒して
父親を呼び出すんだ!って頑張ってて、
その儀式もおかしかったんだな~。弟引きずりこんで、電車ごっこみたいなことしてたし。
呼び出すための粉が安かったから、出てきたお父さんは、
言葉の最後に必ずひゃっくりがついてくる、ってキャラになってたり。
万年筆が見つかってしまった時は、
みんなでその万年筆の取り合いになって、舞台をみんなで走り回ってました。
お父さんも一緒に。

最後はですね。
急に、ぱーん!と銃声が聞こえて、すごいビックリしちゃったんですけど。
パーカーは床にパタンと倒れてしまい。
パイロットたちは新しい万年筆を奪って逃げてしまったんだけども。
パーカーは、死んでしまったんだけど…。
…起き上がるんですよ(笑)
で、急にミュージカル!(笑)
歌詞の内容は、とてもデルタのことが好きだったんだけど、
生きてる間には言うことができなかった…みたいなことなんだけど、
それを踊りながらね、歌うわけですよ。
ちょっとあっけに取られつつも、
最後に可愛く両手で手を振って、ソファーにパタンと倒れて、おしまい。って感じでした。

カーテンコールは2回出てきてくれました。
なんか、フニャっとした顔になってて、
両手で小さく客席に手を振ってくれて、とっても可愛かったです。

吾郎さん、滑舌も良かったし、すごく生き生きしてたから、
舞台が大好きなんだな~と改めて思いました。
チケット1枚の値段は高いし、東京まで行かないと見れないんだけども、
また機会があったら見てみたいです。吾郎さんの舞台。

コメントの投稿

非公開コメント

先日はありがとうございました~v
こんなにもちゃんと文章にしているkumaさんがスゴイです!
私は手抜きにしましたので書いてません…(苦笑)。
うん、そうそうと思いながら読ませてもらいました。
最後の銃声はとても驚きましたが、吾郎ちゃんが起き上がって歌いだすことにもまた驚き…(笑)。
吾郎ちゃんの輝いている姿がとても印象的な舞台でしたね~。
そして何よりも楽しかったですねv

>さんネコさんへ

こんばんは~。
こちらこそお世話になりました(^_^)
書きながら。。。ずいぶん長くなってしまって、途中何度やめようと思ったことか。
なんとか書ききりましたよ。違ってるところ、ないでしょうかね?
いろんな吾郎さんを見れて、楽しかったですね~。
また舞台を見に行ければいいなぁと思ってます。

*Favorite*

SMAP&嵐ファンのブログとして運営してきましたが、H21.6.17より、こちらのブログを「SMAP用」とし、新たに「嵐用」のブログを立ち上げました。下のバナーよりどうぞ!<現在、Sceneツアー8/21国立1日目レポ完成!>



プロフィール

kuma

Author:kuma
☆宮城県在住。
☆スマファン歴20年目突入!
 嵐ファン歴8年目突入!
 S5*年9月8日生
☆SMAP全員好きだけど、
 中居くん一押し。
 2TOPの絡みが大好物です。
☆嵐全員も大好き!
 ニノ担です。可愛くてしかたない
 大宮、にのあい、やまたろ…
 いろいろ大好きです。

☆コンサ暦は こちらをどうぞ♪
 <2012.1.17更新>

☆当ブログに相応しくないコメントは、公開することなく削除する場合があります。

カレンダー

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

別館レポブログ

観覧などのレポページを、別館に設けております。 良かったらご覧下さい。

<ただ今のレポ>
2006.12.31 第57回紅白歌合戦
2007.11.18 ポカリスエットイベント

 こちら よりどうぞ。

最近の記事

カウンター

いらっしゃいませ♪

現在の閲覧者数:

カテゴリー

*SMAP PEOPLE*

*ARASHI PEOPLE*

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム